指輪の内側の刻印のお話、今回は品位と当店の刻印について

そのジュエリーの品質を証明するために大事なもの

それが「K18」、「Pt900」などの刻印です。

K18やプラチナのジュエリーの場合、指輪の内側、ペンダントでは金具のプレート部分など目立たないところにでもしっかりと刻印されているはずです。

他にも婚約指輪などで宝石が入る場合は、例えば「0.31」とダイヤのカラット数を刻印します。

(石のサイズが小さい場合はカラット数は打たないこともあります)

刻印を入れる様子

当店ではもう1つ「H」を図案化したマークの刻印を入れています。

それは「薬院結婚指輪工房HATAEで作りました」という意味です🙆‍♀️

当店では保証書などお渡ししていませんが、後々アフターメンテナンスの際もこの刻印が入っていれば「HATAEで作った」という証明となります。

当店で手づくりしていただいた指輪には、作業の最後に職人が品位の刻印「Pt900」や「K18」と「H」の刻印を1点1点丁寧に入れてお渡ししています。

 

次は内側にお入れできる文字について書きますね♪

 

 

◎工房見学(ご予約制)
水曜日〜日曜 12:00〜19:00

 

インスタグラムも随時更新しています!

作業中のお客様の様子などは

薬院結婚指輪工房HATAE instagram

フォローいただけるとうれしいです。